« 我らの低地諸国 52 | トップページ | 我らの低地諸国 53 »

2014年5月 9日 (金)

オランダの政治

フィリペ2世は、この新たに手中にした所領で従来行われていた
統治の方式を中世的と見て、これを近代化し、
集権化し、官僚制化しようと試みたのである。
なにしろ、フランスやイギリス、スペインでは、
かなりはっきりした形態において「国家」が現れ始めていたのに、
ネーデルラントは、中世のまま、
政治的にも行政的にも細分化された状態を見せていたのである。

 

 (オランダ共和国)
17世紀のオランダは共和国なんて進んだシステムを持っていた
ように感じられるけど、政治システムは中世的な社会だったそうです。

|

« 我らの低地諸国 52 | トップページ | 我らの低地諸国 53 »

98 経済史やオランダの歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダの政治:

« 我らの低地諸国 52 | トップページ | 我らの低地諸国 53 »