« プラートの商人 | トップページ | モンティ・ホール問題 17 »

2014年3月12日 (水)

16~17世紀の医者

16~17世紀の医者

3つの職業グループ

 内科医、最も地位が高い。
大学で医学博士を取得しないといけない。
ラテン語をマスターし、古典医学にも通じ、手仕事に携わらない。
全身の体液のバランスの視点から病気とその治療を理解する。
 
  外科医、骨折や外傷などの局所的な問題を取り扱った。
師弟制度によって訓練され、
ギルドを通じて外科医療を規制する「職人」だった。
 
  薬種商、
師弟制度により訓練され、ギルドを通じて規制されていた。
薬品を調合して販売するのが主な業務。


(ヨーロッパの文化と社会、イギリスを中心として)

|

« プラートの商人 | トップページ | モンティ・ホール問題 17 »

98 経済史やオランダの歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16~17世紀の医者:

« プラートの商人 | トップページ | モンティ・ホール問題 17 »