« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

20120128

とりあえずエンドロールまでちゃんと見ましょう。
ミスタービーンの人だそうですが
ただ馬鹿やってるコメディアンじゃなかった。プロです。
この映画を見る為の注意点は以上です。
何人か席を立ってる人がいましたが本当に勿体ない。

本編ですが、ギャグは面白いです。
いくつかツボにハマって大変でした。
流石に映画館で
他人の迷惑になるほど大笑いするわけにはいきません。
正直ストーリーは取ってつけた様な
ベタベタな物ですがギャグ映画なので良しとしましょう。

結構面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

クリとゾウムシ

201112251
201112252

よつばとを見て思ったんですが
そこまで嫌わなくてもいいじゃないか。
幼虫は気持ち悪いかもしれないけど
良く調べてみると結構面白い生き物だった。
ただ気持ち悪いで済ましてしまうなんて
もったいない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

ロボジー

20110115
ロボットがテーマの映画ではなく
老人がテーマです。どちらかというと
ストーリーは上手いですねぇ。本当に
おじいちゃんがロボットに何故は入ろうと思ったのか
ちゃんとストーリーに組み込んでいる所は凄いです。
ちゃんと共感できます。
最近の老人は大変ですよねぇ
ただでさえ邪魔物扱いされてボケたと疑われ辛酸をなめてるのに
どんどん増えていって、存在自体が社会問題に…
世知辛い世の中ですな。

それにしてもヒロインがインパクトが中々ありました。
ロボット好きなんてとても素晴らしい。
かわいいなぁ なんて思っていたら
途中に鬼の形相で犯人(3人組)を追い詰める所があって
なんと言うか「怖い」と思った。オタクが怒ると怖い。
執念というか怨念というか
これもきっと愛の形でしょうね。

ラストは正直失速しちゃった感はあるけど
結構面白かった。
基本的に「スウィングガールズ」とか「ハッピーフライト」と同じノリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

聯合艦隊司令長官 山本五十六

20120109
想像していた戦争映画とはだいぶ違っていました。
テレビ局が皆が喜ぶであろうと信じている
「お涙ちょうだい」的な展開も少なく
B級映画にありがちなドンパチも少なく
派手さはないのですがなんとなくイライラさせられました。
何故かといえば、この映画に描かれている日本は
まるで今の日本の様だからです。
まぁ細かい事は気にしない

それにしても
進化的安定な戦略である「ムラ社会」は本当に強力ですね
戦争で負けようが原発爆発しようが変わらない。
流行に流されやすい。忘れっぽい。反省しない。
日本は滅びるまで変わることなく日本だろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月 4日 (水)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

2011

とにかくテンポがイイ!!
細かいツッコミはありますよ。当然!
しかしそこは娯楽映画。ヤボな事はなしです。
都合良くアイテムが置いてありますよ。
奇妙な機械もありますよ。
いつも時間ギリギリなのでハラハラしますよ。
悪役も一体いつの悪役だよって感じですけど
最近は物理系のマッドサイエンティストって割と珍しいかな?
これは良い映画。良作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

リアル・スティール

20120103

当然の事ながら
親子の仲は修復されるし、
ロボットボクシングは当然の様に勝ちますよ。
しかしそれでも感動ですよね
特に最後の試合は熱くなります
ボロボロの旧世代ロボットが
ちょっとした工夫で最強の王者へ挑む
最後は根性ですよ根性
なんかもうロッキーですよロッキー
ロボットなのにロッキーに見えます。
重量級のボクシングも凄いリアルです。

戦うとはどうゆう事なのか
ちょっと考えされられました。
これは良作!

それにしても最近のCGは何処までが偽物で
何処までが本物か全く分からないですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »