« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

キック・アス

Photo

★★★★★
間違いなく、今まで見た中で最強の子役。
凄すぎ。
ストーリーも一本調子じゃなくて
いろいろ工夫されていて退屈しないし
テーマもしっかりしているし
いろいろオマージュもあるし
結構笑えるし・なんだか感動する場面もあるし
カッコいいし
面白いです。おススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

ロビンフッド

Photo

2

中世ヨーロッパってなんかドラクエを思い出します。
実際凄く雰囲気が良く出来ていて
このままゲームにしたら凄い面白そうだなぁ。と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

トロン:レガシー

Photo

しかし最終的には主人公共に阻止されてしまうのであった。
データが実体化して戦争するなんて
結構面白そうな気がしたのに残念。です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

ロビン・フッド(2010)

Photo

★★★★
歴史物はどうしても説明臭くなってしまうのですが
この映画は凄くテンポがいいです。
最初から最後までダレル事がありません。
映像もとても綺麗でいかにもイギリス中世って感じです。
本当に面白かったです。
これはおススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

バタリアン

Photo

1985年製作
全力ダッシュゾンビ。
怖いはずなのにどこかコミカル。
登場人物の必死すぎる演技。
まさに面白いゾンビ映画。
それにしてもラストシーンは。

人類オワタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

トロン:レガシー

Photo

★★★
昔っぽいSFだなぁ~と思いました。映像は結構凄かったです。
3Dも少しずつ進化してしてますね。でもやってる事が地味なんですよね。
フリスビーとかバイクとか飛行機とか。もっと他になかったのかなぁと

あとちょっとストーリーがなぁ、古臭いとゆうか、閉鎖的な電脳世界なんて
いったいいつの時代なのかと、
サマーウォーズやら攻殻機動隊やらはすでに生活必需品になっているし
今現在だって2chやらブログやらミクシィやらツイッターやら
現実と仮想の境目なんてなくなってきているのに
もう少しなんとかならなかったのでしょうか?

映像は凝ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

スティング

Photo


1973年製作
詐欺は悪い事なんですよ。でもこの映画では
悪人が騙されるので良いのでしょうか?
悪い事なんですけど、やっぱり面白いですね。
騙す瞬間なんてハラハラします。やっぱり
お金だけじゃなくてこのスリルがたまらねぇーって人も
きっと多い事でしょう。
完全にギャンブル依存症ですね。
「ちょっと、物足りない」くらいが一番って事です。
気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

ゲーマー

Photo

★★★
凄く進化した機械が人間を支配するお話。
アメリカのSFだと良くある話です。
日本だと機械が人類を支配するって話はあまりないけど
アメリカだと良くあるストーリーですよね。
なんかブレードランナーみたいな。

ちょっと暗い感じですが、アクションシーンは中々凝っていて
面白いです。まさにゲーム感覚ですね。
血とかでるし、人間がゴミのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

ニュー・シネマ・パラダイス

2

1989年製作
ラストシーンは反則ですよね。
なんか良く分からないけど感動しました。
ノスタルジー?
なんか凄いセンスですよね。
1度は見るべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

Photo

★★★
全体的には悪くないと思います。
つっこみ所が多いのも良いでしょう。
ストーリーがアホだとおもっている方は
去年上映された「復活編」でも見てみれば良いです。
むしろ実写の方が正統派に見えるはずです。
ちなみに「復活編」の古代進も38歳なんですよ。
いや~偶然ですね。
キムタクはハマり役だと思いますよ。実際。

でも地球の未来を賭けた冒険にしてはノリが軽すぎる。
お酒飲めるし、何処の中小企業だよ。って感じです。

薄っぺらいラブロマンスもいらないです。
「戦場でな、恋人や女房の名前を呼ぶ時というのはな、
瀕死の兵隊が甘ったれて言う台詞なんだよ!」
って感じです。

極めつけは最後の森雪の行動です。
もうマジで人類どうでもいいのか?と
スイーツすぎるでしょう。いくらなんでも。
地球滅亡まであと数日ですよ?一刻の猶予もないんですよ?
もう本当になんと言って良いやら。

キムタクが「初めて女を殴りたくなった」みたいな表情してたような気がします。

でも色々な意味で面白い映画だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

裏窓

Photo

1954年製作
家政婦は見た。ならぬ、入院患者は見た。ですね。
それにしても、単純なストーリーなんですが
観客を飽きさせないように色々工夫しているなぁと感心します。
今の映画にも全然劣りません。
すでに映画のミステリーの王道ストーリーは50・60年代で
やりつくされてる感じすらします。
昔の映画面白いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

武士の家計簿

Photo

★★★★
何とゆうか江戸時代って凄かったんですね。
物語の初めに農民が本来配られるはずのお救い米200俵が足りない!
と詰め寄って、その資料を主人公の直之に渡すのですが
そもそも農民がそんな資料を作れる事が凄いですよ。
だって、一軒一軒どれだけ配られたか調べる事が出来るんですから。
そしてそれを纏める計算も出来て、ちゃんと字も書けるって事です。
江戸時代の農民って結構教育水準が高かったのですね。

それに借金ですよ。金利18%ですよ。今のサラ金より安いです。
家の財産売り払って借金の金利交渉した際には10年ローンで無金利ですよ。
江戸時代の後期では幕末になってインフレ起こるまで
結構物価は安定していたんですかね?

江戸時代ってどんな感じだったんでしょうか?
なんか興味が出てきました。
もしかして想像以上にしっかりした社会だったのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »