« 1408号室(総合75点) | トップページ | ホームレス中学生(総合80点) »

2008年11月24日 (月)

ブラインドネス(総合75点)

総合75点  前半75点 中盤65点 終盤85点

一言:もしもすべての人が視力を失ってしまったら。というSF

この映画は2部構成で、前半の視力のない状態では

どのような共同体が生まれるか?

後半では、すべての人間が視力を失ってしまった社会は

どうなってしまうのか?

その2点をとても丁寧に、そして残酷に描いている。

隔離された共同体では、ただ生きる事の困難さ、喪失感、

そしてエゴや支配欲すべてがむき出しにされる。

後半は誰も守ってくれない圧倒的な絶望が

目が見えなくなってしまった街がどうなってしまうのかは

簡単に想像が付くと思うが、なによりそこでの人間は

本当にゾンビのようでゾッとする。

ラストシーンは賛否両論あると思うが

崩壊した社会を見たければお勧めです。

|

« 1408号室(総合75点) | トップページ | ホームレス中学生(総合80点) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラインドネス(総合75点):

« 1408号室(総合75点) | トップページ | ホームレス中学生(総合80点) »